あなたと共に

理想の教師

はじめまして。aoiです。

 

元公立小学校教師。今は公認心理師として悩める先生方の相談に乗ったり、コンサルテーションをしたりしています。

私の夢は日本中の学校の先生たちがストレスなく充実した教師生活を送ること。制度の問題や「#教師のバトン」問題など、根は深いですが、今、目の前にいる子供たちとそれに対峙している先生たちが、真の意味で楽しく充実した学校生活を送ることができるようになれば、教師の多忙感は緩和され、「忙しいけれど、楽しい」「忙しいけど充実している」と言える日がくると信じています。

そんな日を迎えるために、私が今まで学んできたこと、経験して身に着けてきたことをあなたにプレゼントしたいと考えています。

今の子どもたちが抱えているもの

最近の子どもたちは、学校での友達関係の悩み、性や容姿に関する悩み、そして学校に行けない、生活リズムの不調など様々な悩みを抱えています。

親にも相談できず、悩みや問題が大きくなってからやっと表面に出てきたりします。そうなってからでは、解決までたくさんの時間がかかるだけでなく、親子関係や学校との関係がとり返しのつかないほど壊れてしまう場合もあります。

とりわけ家庭の問題や生活環境の問題は根が深いです。子供たちは「よくなりたい」「学びたい」と思っているのに、それが叶わないのです。家庭の問題など、教師の手の届かない問題も多々あります。

今の学校が抱えている問題

言うまでもなく2020年は「コロナ禍」に翻弄された一年間でした。そして1年が過ぎたいまでも、様々な問題が鬱積しています。

ギガスクール、プログラミング学習、外国語活動の教科化、など、多忙な通常の業務に加え新しいことに次々と取り組んで構築したり、身に着けたりしていかなければなりません。

さらに不登校問題や生徒指導問題、学級崩壊など、コロナ以前から悪化の傾向をたどる大きな問題も未解決のままです。

それらの問題が理路整然と分析されず、道筋が見えないまま、先に進まなくてはならない教師のストレスは今や爆発寸前です。

本当の問題点

でも、本当の問題点は多忙化した学校制度や教育委員会、学校の管理職、保護者にあるのでしょうか。

きっとあなたは気付いているはずです。

あなたが毎日抱えている教師生活の問題点はあなた自身の中にあるということを。

それをみつけに私と一緒に歩いてみませんか?そしてゴールとして、それらの問題を解決した自分の理想の教師像に会いにいきませんか?

理想の教師

 

 

     

     

     

    タイトルとURLをコピーしました